美食と旅先での出会いを求めて (アルゼンチン)

美食に出会う

argentinaB1アルゼンチン料理といえばアサード。スペイン語で焼いたという意味を持つこの料理はまさに肉を炭火で焼いた豪快な一品です。日本人とは比べ物にならないほど年間牛肉を消費するアルゼンチンでは一般家庭でもキロ単位でお肉を購入します。週末は友人や家族とお庭でアサードを食べながらゆっくりと食事をするというのが定番の過ごし方です。
おやつや前菜として全国どこへ行っても食べられるのがエンパナーダ。半月形のパイのようなもので中にはお肉屋チーズが入っているもの野菜だけが入っているものなどがあります。
そして典型的なデザートと言えばアルファホール。中身はDULCE de LECHEと呼ばれるミルクジャムや果実のジャムがはいいったソフトクッキーのようなお菓子です。


食後などによく飲まれるのがマテ茶。日本でも最近は「飲むサラダ」としてその効能が注目されていますが、アルゼンチンではマテ茶は欠かすことのできない飲み物で多くの人がマイマテ茶カップと金属製のストローのようなものを持っています。

 

個人で旅行に行った際に地元の人がお美味しいと言って食べているお料理に巡り合うのはなかなか難しいことです。そこで、弊社がお勧めしているのは『アルゼンチン・エクスペリエンス』。
日にちによっては1名からでも参加できるインタラクティブな食の体験プログラムで、アルゼンチンの食文化についておしゃべりをしたり、エンパナーダの成形だけ手伝ってみたり、アサードにあう極上のアルゼンチンワインを少しずつ試飲できたり、マテ茶の入れ方や飲み方などを教えてもらったりと食事をしながら、アルゼンチンの人たちや参加している他の国の人たちと交流するという旅の醍醐味である食と人との出会いがいっぺんに楽しめます。

メールでのお問合わせはこちらをクリック/お電話でのお問合わせは03-5997-7199