マチュピチュ スポーツトレイル

アメリカ大陸

マチュピチュまでの道のりを様々なアクティビティをしながら、遺跡・景色を楽しむ現地発のツアーです。

マチュピチュの後ろ姿がみられたり、トレッキングはもちろん、ラフティングやキャノピーを楽しめたりとアクティビティ好きの方にはお勧めのマチュピチュへのアクセス方法です。

 

第1日目

クスコ~サンタ・マリア~コラ・デ・モノ

sport1 早朝ガイドがホテルにお迎えに行き、マラガ・パスまで車で移動します。

マラガ・パスは標高4337mで雪を頂いたワカイウィルカ山や山頂が氷山になっているベロニカ山が見渡せます。

この地点からアンデス山脈の東側を下っていきます。途中ケツァールやハチドリやコンドルなどの鳥たちに遭遇することもあります。

サンタ・マリア村に到着後ランチを取り、ウルバンバ川の急流をラフティングします(2時間程度)。

その後キャンプサイトのコラ・デ・モノへ移動し夕食となります。キャンプサイトではシャワーも浴びることができます。

2日目

コラ・デ・モノ

sport2朝食後、キャノピー出発点まで40分ぐらい歩いて登ります。南米で一番の高さを誇るキャノピーを楽しみます。上空から鳥になった気分でジャングルを見下ろします (参加は自由です)。

その後キャンプサイトに戻りランチとなります。

その後サンタ・テレサ村まで歩いていきます。途中オオハシなどの熱帯に生息する野鳥に遭遇する可能性もあるのでカメラはお忘れなく。

サンタ・テレサ村で温泉を楽しんでから再びキャンプサイトに戻ります。

3日目

コラ・デ・モノ~ルクマバンバ ~ ラクタパタ ~アグアス・カリエンテス

sport3朝食後、30分ほど車で移動し、ルクマバンバのケチュアのコミュニティーへ移動します。

ここからラクタパタまでトレッキングをします。ラクタパタは3つの谷が合流する場所でもあり、マチュピチュの後ろ姿も見ることができます。

ランチの後、3時間ほど山を下り水力発電駅まで行きます。

ここから列車に乗ってアグアス・カリエンテスまで向かい1泊します。

4日目

sport4早朝、朝食をとった後マチュピチュのガイドと宿舎で合流し、マチュピチュへ向かいます。ガイドが遺跡を案内した後は、各々マチュピチュを散策したり、町でランチをとったりなど列車の発車時刻まで自由行動となります。

ポロイ駅まで列車で移動し、車にてクスコのホテルまでお送りします。

メールでのお問合わせはこちらをクリック/お電話でのお問合わせは03-5997-7199