アマゾンのジャングルでネイチャーフォトグラファー体験をする旅(ペルー)

自然と友達になる

peru_p_6239ペルーにある24万7690ヘクタールを超えるタンボパタ国立保護地区はアマゾンに生息する多種多様な生物が観察できる貴重な場所として名高く、ネイチャーフォトグラファーたちの間でも人気のスポットです。
アマゾン特有のカラフルな鳥や蝶、動物の写真をプロ並みの品質で撮ることができるなんて素敵だとは思いませんか?
ナショナル・ジオグラフィックにも数多く写真を提供するプロのカメラマンが自然の動植物をいかに撮影しているかを伝授します。タンボパタを知り尽くしたプロならではのスポットや撮影技術はもちろん、生物多様性の観点からも最高峰の地域と言われているタンポバタの自然を満喫できます。機材は全て現地で用意されているので持っていない方でも気軽にご参加いただけます。

 

peru_p_Mr_Bailliezツアーは最短で4泊5日からご参加いただけます。

4泊5日のツアーでは、アマゾンに生息する昆虫やカエルのベストショットを狙う夜間撮影や湖上からの動植物の撮影、高台からのパノラマ撮影、水辺から美しい色の鳥たちや動物たちの撮影、ジャングルの低地からの撮影、夕暮れ時の撮影など様々なシチュエーションでの撮影技術を学びます。
最後には実際に撮影した写真を、フォトショップをつかって処理するテクニックやフォトブックを作成し記念に持ち帰ることができます。

 

 人が住んでいないジャングルの奥地に住む動物たちはとても臆病です。自然と一体化し彼らに敵だと思われないようにすることがベストショットへの近道と言えるでしょう。 都会では決して味わえない空気と空間の中無心でファインダーを覗いてみませんか?

 

peru_p_Bat_Falcon_3_2 peru_p_Butterfly_Head3_2 peru_p_Capybara_2

 

peru_p_Clay_Lick_2 peru_p_dbc_o_2 peru_p_Hoatzin_2

 

peru_p_Parrots at_Clay_Lick_2 peru_p_kdawn2

 

プエルトマルドナド

ペルー南東にある町 アマゾン川の支流であるタンボパタ川とマドレ・デ・ディオス川が合流する地点

気象情報 アマゾン盆地に位置するため年間を通して温暖湿潤な気候。年間平均気温は26度前後。8月から9月がもっとも暑いのが通常。 10月から4月に欠けては雨季。6月から8月が乾季
日本との時差 -14時間(サマータイムなし)
通貨 ヌエボ・ソル(USドルも流通)
電圧とコンセント 220ボルト、60ヘルツプラグは平2つ穴のAタイプ、丸2つ穴のCタイプが主流
メールでのお問合わせはこちらをクリック/お電話でのお問合わせは03-5997-7199