滞在先にもこだわるケニア 2大保護地区を訪ねる旅

アフリカ

samburu2こだわりの旅をオーガナイズする現地のツアー会社と協力し、ゲームドライブはもちろんアフリカ文化を体感できるオプションなどもご希望に応じて旅程に組み込むこともできます。

泊まる場所にもこだわり思い出深いアフリカ滞在となるようアレンジいたします。

 

日程サンプル

サンブル国立保護地区+ナクル湖国立公園+マサイマラ国立保護地区を巡る

第1日目

ジョモ・ケニヤッタ国際空港到着。

入国審査後、荷物をピックアップし現地のお迎えスタッフと合流し、ナイロビのSANKARA HOTELへ移動。翌日に備え休息を取ってください。

第2日目&3日目

samburu1ホテルで朝食後、サンブル国立保護地区へ向けて出発します。

昼ごろにはASHNIL SAMBURU CAMPへ到着しランチとなります。滞在中は3食付です。両日ともサファリゲームドライブへご参加いただけます。

第4日目

samburu3乾燥した風景から一転。ナクル湖国立公園へ移動します。

昼ごろにFLAMNGO HILL TENTED CAMPへ到着しランチとなります。午後はゲームドライブに出かけます。

第5日目

MaasaiMara2早めの朝食をとり、マサイマラへ車で向かいます。

この日は長時間の移動となりますが、リフトバレーの農耕地の風景からマサイマラに入ると光景はガラッと変わります。マサイマラ保護地区の中にある ENKEWA MARA CAMPに到着するまでの間にキリンやシマウマなどに遭遇することができます。到着後は遅めのランチとなります。

第6&7日目 MaasaiMara1両日ともにゲームドライブにご参加いただけます。
また早朝ゲームドライブや午後のゲームドライブなど、写真撮影に最適な時間帯を選んでご参加いただくことも可能です。
オプショナルでバルーンサファリに乗った後優雅なシャンパンブレックファーストをいただくツアーもございます。

 

ご旅行の計画のために

MaasaiMara3ケニアで野生動物を見るゲームドライブを第一の目的としてご旅行を楽しみたいと計画される場合は、現地での宿泊をサンプル日程同様7泊は見ていただいた方がよろしいかと思います。

費用はホテルのランクや移動方法により前後しますが、サンプル日程でご紹介しているホテルのランク(小規模のラグジュアリー系ホテル)32万円程度+日本からの航空運賃となります(為替レートにより価格は変動することもございます)。

また現地価格のハイシーズンは7月から10月、ミドルシーズンは11月から12月15日、ローシーズンは1月から6月となっています。クリスマスシーズンは特別料金で設定されます。

 

保護地区での滞在にこだわるポイント

kenya01お選びしている宿舎はいずれも、周囲の環境に考慮した設計・設備・運営になっていることはもちろん、周囲のコミュニティーに貢献するプロジェクトに参加しています。
特にマサイマラのENKEWA MARA CAMPはスペイン人がマサイの自然に惚れ込んで単身でケニアに移住し、一から立ち上げたこだわりのキャンプで、マサイマラに関する知識やマサイ族との交流に長けており、利用者からも地元からも評価の高い施設です。
ENKEWA MARA CAMPは地域の衛生面の向上を目指すプロジェクトに携わっており、病院や薬 清潔な飲み水の確保などに協力しています。
滞在中にそういったプロジェクトの見学もご興味があればご案内できます。

掲載の日程内容は、あくまでも一例です。滞在日数、訪問場所、交通手段などご予算や予定によりご希望に合わせたプランニングいたします。

 

ケニア概要

通 貨 ケニア・シリング
日本との時差 -6時間
電 圧

電圧:220V 周波数:50Hz プラグ:プラグA型とC型の複合

ビ ザ

ビザが必要。入国時に空港でも取得可能。パスポートの残存有効期間が6か月以上あることが必要。
ビザとパスポートの情報は予告なく変更されることもありますのでご旅行前に必ず再確認をお願いいたします。

 

 

メールでのお問合わせはこちらをクリック/お電話でのお問合わせは03-5997-7199